ファンタなページトップ投稿室: バレンタインでもネタ系なひとびと




ネタ系小説で催眠や催眠用語を覚えたつもりになる話・ 番外編1

バレンタインでもネタ系なひとびと

青黒のシグノマスター

 この度は、本作品にアクセスしていただきまして、 誠にありがとうございます。この作品は、催眠でネタな小説もどきです。 壮絶なまでにもてない「主人公」、もてる上に催眠使いな「馬鹿兄貴」、 そして本人そのままなのかどうかは不明な「作者」 の3人がバレンタインに騒動を繰り広げます。

対応機種など

 本作品は、PCの他にauかNTTドコモの XHTML 対応携帯電話でも閲覧できるはずです( HTML対応、という点にご注意ください)。 読み上げソフトでも不都合が無い様に作成したつもりですが、 確認はできておりません。
 

この作品の読み方について

 作品内各ページ文頭の「Next」か、 文末の「(次)に進む→」というリンクで次のページに進めます。 トップページに戻る時は、ページ最上部にある「トップ」というリンクです (非対応ブラウザあり。携帯電話不可)。 なお、携帯電話の場合は「#」で次のページに進み、 「*」で目次に戻れます(非対応機種あり)。